e-mail: info@wildandnative.com

Blog

水を汲みに行くという事

新潟にある日本有数の豪雪地帯で、自分で竪穴式住居を作り、住んでいた友人を訪ねた時に聞いた、何だか忘れられない話があります。

そこは本当に、素晴らしい場所で、飲み水も、沢から引いてこようと思えば、直ぐに?出来てしまうような環境です。

でもそれをやっていなかった友人のR君に、

「水引いてこないんだ?」

と聞くと、

「うん、それをしてしまうと、何か大切なものを失ってしまうっていう、先輩からの教えなんだ。」

理由は分からなかったけど、何だか妙にしっくりと来てしまったのを覚えてます。

水を、水場まで汲みに行く事に、物凄く大切な何かがある。

未だにそれが何なのか、ハ ッキリとは分かりませんが、きっと、実際にやってみると、色々な答えが出てくるような気がします。

4月の27日~29日の、「地球生活」キャンプをする場所には、水道があります。

でも、自分の飲み水や、その他に使う水を、出来る限り、皆で汲みに行けたらいいなあと思ってます。

少し歩きますが、その道中に、色んな生き物に会えたり、美味しい野草を見つけたり、凄く涼しいところや、温かいところがあったり。

大地に生きる為に重要な情報、物語に出くわすんだと思います。

そんなのも、水を引いてしまうと失ってしまうものかもしれません。

そのほかにも、「水を汲みに行く」事の素晴らしさを、皆で発見して、焚火の周りでシェア出来たら楽しいだろうと思います。

地球生活キャンプ、驚いた事に、実は一度定員になりましたが、お二人ほどキャンセルが出ました。

そんな訳で、定員あと お二人です。お早目のお申し込みを。

~ GW企画 4月27日~29日「地球生活」~

ページトップへ戻る↑