e-mail: info@wildandnative.com

Blog

そうかあ、今は、そういう時か・・・。

誰も入っていかないような茂みを入っていくと、こんなタンポポがありました。

普段は、放射状に生えている葉を、地面にピッタリと這わせている事が多いタンポポ。

でも、この日は、こんな風に宙に浮いて、上に向かって、にょキーんと。

この姿って、タンポポに限らないです。

雨が降っていた次の日、晴れたりすると、良く見られる光景なんです。

私の中の解釈では、野草たちが、「春的」なエネルギーを感じている様子です。

寒い、暗い、湿った感じから、温かい、明るい、カラッとした感じになった時に見せる姿。

とはいえ、「自然」からすれば、寒い、暗い、湿っているというのも、決してネガティブなものではないんです。

ただそういうイメージがあるというだけ。

話を戻して、この日は、考え事をしていました。

ちょっとしたきっかけで入った茂み。

そこでこんなタンポポの姿を見つけました。

そこで先ず気づかされます。

「そうか、今、『自然』が出してる雰囲気は、こんな感じなのか。」

そこで、自分の心や身体も、そういう雰囲気にあるべきなんだなあと、その雰囲気に合わせようとします。

この姿を見て、受けるイメージは、似ているとしても、十人十色です。

「上に伸びる」

「宙に浮く」

「太陽を呼び込んでいる」

「喜び、ウキウキした感じ」

それは、ある意味「自然」から、「その人」への、固有のメッセージです。

でももう少し深く見てみます。

例えばこの場所の「特徴」も、メッセージの要素に加えてみます。

茂み、日陰、人目につかない、他に植物が殆ど生えていない。

そんな中で、こんな姿を見せるタンポポ。

メッセージが、「ストーリー」となって、自分に訴えかけてきます。

勿論この、感じられる「ストーリー」も、十人十色です。

もっと「自然」の観方を知っていれば、「ストーリー」は、どんどんキメ細かくなっていきます。

こういう「自然」の「動き」や「雰囲気」、「リズム」。

それは、我々が住む「地球」の、根源的なリズムです。

自然が語る「ストーリー」を感じられれば、そのリズムに乗りやすくなります。

そのリズムに乗ると、時々、不思議な事が起こるんです。

自分の中にあった「トラブル」や「迷い」みたいなもの。

それが、気持ちの良い方向に行ったりするんです。

何てったってまあ、「根源的」なリズムですから、不思議な事ではないのかもしれません。

今週末のワークショップ、

「自然から『生き方』を教えてもらう二日間」

は、こんな過程を、体系的にやっていきます。

今のところ

男性 3名
女性 1名

と、こじんまりですが、凄く楽しみな二日間です。

詳細はこちら

ページトップへ戻る↑