e-mail: info@wildandnative.com

Blog

削り出すのは自分の「命」

原始の火おこしの技術は、凄く奥深いです。

いつも開催する教室では、私が製材で作った火起こしキットを使用します。

これで正しい「フォーム」を学びます。

それが出来たら今度は、キットを自分で作ってみます。

ナイフを使って、木材を削り、成形していくのです。

折角なので、古来の森に暮らした人の気持ちになってみましょう。

寒い夜、自分が火を起こさなければ、どうなるんでしょう?

自分の親、子供など、あまり体力の強くない、愛する人々は、凍えてしまうかもしれません。

調理や殺菌も出来ません。

だから命をかけて火を起こすのです。

それには、命をかけて、キットを削り出すのです。

不思議な事に、そこに「焦り」というものは無かったとか。

自分が削っている「木」に命を預けるみたいな、神聖な気持ちだったんでしょう。

そして「火」がおき、目の前に炎が現れます。

そのご褒美は「生きられる」こと。

火があるから生きられる = 火は自分の命 = 火は自分

では火を起こしたのは誰でしょう?

「自分」ではないんです。

「木」と「自分」。

「木を」もっと分解して考えてみます。

「木」を育んだのは、太陽や大地、水など、自然の全ての要素です。

その「全ての要素」は「地球」と呼ばれます。

地球が育んだ「木」と「自分」が戯れて、一つになった象徴の「火」

その「戯れ」は、勿論キットを作り出す時点から始まっています。

原始の火起こしキット作り&火起こしを学ぶワークショップ

現在 男性3名 女性3名の方々がいらっしゃる予定です。

まだまだお申し込み受付中です。

自然生活の知恵と技術を学ぶ二日間(ナイフを使ってみよう&原始の火起こし体験)

 

 

ページトップへ戻る↑