e-mail: info@wildandnative.com

Blog

姿を消すことを選んだ「スカウト」と呼ばれる人々

professional

古来インディアン(ネイティブアメリカン)の部族には、スカウトと呼ばれる役割がありました。

日本で言うところの忍者みたいなものです。

スカウトと忍者には、大きな共通点があります。

それは、自分の「気配」「存在」を消すのが得意である事。

もっと正確に言うならば、「自分を消す」のではありません。

その場の「自然」と「自分」を同じ色にして、自分を透明にしたのです。

外見的にも、内面的にも、全ての面で「同調」したのです。

その理由は、唯一つ、

正確な情報を持ち帰る

ため。

自分の存在が「場」を乱すと、その場は本来の雰囲気ではなくなります。

その場の本来の姿を観察し、持ち帰る事が彼等の任務でした。

いわば、「その場」を「自分」にしたのです。

今居る「その場」が自分自身になるという事。

それは「その場」自体が自分の味方になるという事です。

だから「スカウト」は最強だったのです。

下記のコース、一見、マニアックな、大人の「隠れんぼ」の講座に見えます。(笑)

実はそんな「スカウト」の教えに触れる二日間なのです。

http://wildandnative.com/main/event/20141102

 

ページトップへ戻る↑