e-mail: info@wildandnative.com

Blog

今まで一番過酷だった状況はどんなのですか?

実はこれが一番困ってしまう質問なのです。

サバイバル術のインストラクターを名乗っているのですから、そりゃあこんな質問したくなりますよね。

でも、過酷な状況には陥ったこと、ないんです。

すっごい寒い思いとか、とてつもなくお腹が減ったことはあります。

でも、そんな時、すぐそこには自分の車や食料がありました。

無人島や、凄い山奥などでのサバイバルの経験は、正直言ってしまうと、無いのです。

ところで私の先生は、自分でも認めるほど頑固です。

「ナイフ一本持ったら、それはもう幼稚園サバイバルだ!」

そんなことさえ言う方です。

幼稚園サバイバル・・・全く賛成出来ないです。(笑)

でもその先生から、こんな事も教わりました。

「最高のトレーニング場所は、『裏庭』だ。」

その教えをしっかりと守り、裏庭・・・は流石にないので、車を止めて、ちょっと歩いたところで、サバイバルの練習をします。

雑木林だったり、人の居ないキャンプ場だったり。

直ぐそこに車があるので、かなりの安全が確保されている状態です。

だからその分、安心して頑張れます。

サバイバルのイメージどおり、山奥や無人島まで行かなきゃいけないとしたら、こんな私の事です。

大変すぎちゃって、頻度は凄く減ってしまうでしょう。

もしかしたら、

「山奥の秘境の自然も、裏庭の自然も同じ。」

そんな教えも含まれた言葉なのかなあとも思います。

とにかく、サバイバル術って、言葉の響きとは違い、凄く楽しいです。

自分でシェルター (宿)を作れるようになったり、

マッチ一本で焚き火が出来るようになったり、

網がなくても上手にお肉を焼けたり、

美味しい野草茶を焚き火を見ながら飲んだり、

本当に趣味の要素が沢山です。

そして、実は、凄く手軽に始められるんです。

皆さんも是非、始めてみませんか?
————————————————————
オンラインコース、

「ブッシュクラフト をはじめよう! – サバイバルを趣味として楽しむ」

開始しました。

 

ページトップへ戻る↑