e-mail: info@wildandnative.com

Blog

「森」が「鹿の住まい」に変わった日

鹿の足跡

鹿の糞

鹿の休んだ場所

それらがどんな風に見えるのか。

まだまだですが、多少なりとも感覚で覚える事が出来ました。

そうすると変化が出てきて、森を普通に歩いていても、それらの痕跡が、自然に目に飛び込んで来るようになるんです。

それまでもきっと、そこにはあったのでしょうけど、全然見てなかったのでしょう。

言い換えれば、それまでは全然見えなかったものです。

「自然」に対する興味は元々あったと思います。

でも、

動物の痕跡

や、それを通して感じられる、

森の住人の「気配」

などを意識する前は、森をもっと無機質なものにとらえちゃってたと思います。

以前は「森」と感じていた場所が、今は、多少ですが、

「自然の住人の住まい」

みたいに、感じられるようになったのではないかなあと。

開発とか、それも素晴らしい部分はあるのでしょうけど、例えば、

「あの森はいつまでも残ってて欲しいなあ。」

という願望が、本当に自然な感じで湧き出てきて、しかもその願いが、本当に強くなってくる感じです。

それから、

「自然の住人達へのエチケットをもっと気をつけなきゃ。」

という感覚も。

そしてその感覚は、とても気持ちがいいものです。

「色んな自然の住人と、共存している」

という、強い「実感」のような感覚が芽生えてきたようで、何だか嬉しいんです。

次の週末、皆さんと一緒に、
彼等の「住まい」へ
お邪魔しにいきます。

男性 8名
女性 4名

の方がご参加の予定です。

もう少しだけ枠があります。

トラッカーへの道、コース詳細はこちらへ

ページトップへ戻る↑