e-mail: info@wildandnative.com

Blog

新年早々風邪と「協力」したおはなし

皆様、あけましておめでとうございます。

さて新年早々風邪をひき、熱をだしました。

風邪はひかないのが一番いいと思います。

体調を崩すたびに、先生の「薬草の教え」を思い出します。

その教えというのは、

「不調」と協力しよう!

というものです。

ネイティブ・アメリカンの教えだけでなく、東洋医学とか、他のヒーリングでも、よーく出てくる考え方かと思います。

そして今回は、風邪と協力を試みました。

そしてちょっとだけですけど、上手くいった気がしました。

具体的には、薬草の力を借りました。

今回活躍してくれたのは、

「カノコソウ」と「セイタカアワダチソウ」。

ともに日本で自生しています。

これらを、熱の安定期から摂取してました。

熱の安定期というのは、熱が上がりきったステージの事。

身体がゆっくりと菌の煮出し作用をする?

そんな段階なのだといいます。

今回は、38.5度あたりをフラフラ。

そんな状態で、彼等薬草は、こんなお仕事をしてくれました。

カノコソウは、先ず有名なのが沈静作用です。

睡眠改善やヒステリーなどにも。

そんな様々な利用方がある中で、今回の利用目的はこうでした。

熱の安定期を、リラックスして、温泉浴でもするような気持ちで過ごす。

これがバッチリだったんです。

節々の痛みと、頭痛が和らぎ、心地よく重い脱力感になりました。

そしてとにかくグッスリ眠れたんです。

頻繁に出ていた「空ッ咳」も鎮まり、気持ちもリラックスできました。

この「咳を鎮める」作用には賛否両論があるとの事ですが、私の場合には相性バッチリでした。

もう一つの薬草、セイタカアワダチソウは、気管支付近の風邪症状に働きかける事で有名です。

ですからよくインフルエンザに活躍する薬草として挙げられます。

今回実感したのは、気管支の炎症の緩和です。

咳はでましたが、ゼーゼー、カヒンカヒンの空っ咳を緩和してくれました。

痰がしっかりと出る、痛々しくない、生産的な咳にしてくれました。

それから解熱作用もありますが、必要以上には下げません。

よく言われるのが、必要以上に熱があがった時にだけ、必要な熱にまで下げるのだとか。

そんなわけでまとめますと、

熱は下げないけど、気持ちよく、リラックスして熱を迎える

咳は止めないけど、空ッ咳を鎮めて、痰の出る咳を促進

熱、咳が効率よく仕事が出来る手助け を、今回の薬草さん達は担ってくれたということだと思うのです。

ですので、感覚的に、ちょっとだけ風邪と協力できたかなあと。

皆さんはどんな新年をお過ごしでしたか?

本年も益々、宜しくお願い致します!

※上記はあくまでも個人の感想であり、治療法として勧めるものではありません。体調を崩された際には、専門家の方にご相談下さい。

ページトップへ戻る↑