e-mail: info@wildandnative.com

Blog

あ、ゴミがない!痕がない!

インディアン(ネイティブ・アメリカン)に伝わる、

「大地に生きる術」

を、初めて学んだ時、

「何をする時にも痕跡を残さない事。」

という言葉を、先生は、何度も言ってました。

そして、焚き火の後始末の方法や、シェルターの片付け方等を学びます。

全くといって良いほど痕が残りません。

「おお、インディアン(ネイティブ・アメリカン)っぽくて、何か格好良いなあ。」

と感動したのを覚えてます。

それをもっと実感したのは、初めて一人で原始キャンプ体験をした時です。

枝や落ち葉、石などで寝床を作って、焚き火をして、一晩過ごしました。

そして帰るときに、その一晩で使用したものを全て解体しました。

残ったのは、当然、

落ち葉

食べ残した野草

付近の何処に捨てても「ゴミ」にはなりません。

そもそも「捨てる」という感覚になりませんでした。

元あった場所に返すだけ。

そして最後に残った焚き火。

痕が残らないように注意しながら燃やしていたので、それも綺麗さっぱり。

その場を立ち去ろうと思い、歩き始めて、振り返ってみると、どう見ても誰かが居たとは思えない感じでした。

その時思、少し大袈裟かもしれませんが、

「地球にダメージを与えないで生活するのって、そんなに難しくないのか?」

なんて思いました。

寝床、焚き火、そして歩き方に至るまで、

「痕跡を残さない」

という考え方。

本当に、広くて、深い学びがあります。

2月28日からの

「WAN-1 大地に生きる術を学ぶ二日間」。

現在

男性 5名
女性 1名

の方がいらっしゃる予定です。

まだまだお申し込み受付中です。

http://wildandnative.com/main/event/20150208

ページトップへ戻る↑