e-mail: info@wildandnative.com

Blog

気持ちのメディスン – 春に逸早くチューニング

インディアン(ネイティブアメリカンの)「ヒーリング」の考え方に、

「気持ちのメディスン」

みたいなものがあります。

その言葉のとらえ方も「無形」です。

でも、一つの解釈方法としては、

「気持ちのあり方、状態、動かし方がとっても大切で、

それ自体が メディスン – 薬 となる。」

というものがあります。

そしてその

「気持ちのメディスン」

は、自分の身体にとっての

「良い食べ物」や「薬草」

よりもパワフルで、優先されるべきものとされているんだとか。

朝の散歩で土手を歩いていると、「自然」はもうとっくに「春」になってきています。

鳥達の動きの変化だったり、野草の新芽が小さく出ていたり。

そんなわけで、

「気持ちの状態」

を、少しずつ「春」に合わせ始めてみています。

何故なら、これもインディアン(ネイティブアメリカンの)の考え方ですが、

「健康とは、気持ちや身体が自然の動きと同調していること」

だからです。

始まり、明るさ、上へ、突き破る、動き出す、声を出す、

その他「自然」の「春」で感じられる全てのイメージが、

自分の心や身体に宿るよう、意識を向けています!

今日も皆さん、素晴らしい一日を!

■アースロッジ 大地の家を皆で作ろう!
現在 男性2名 女性2名 の方がいらっしゃる予定です。
http://wildandnative.com/main/event/20150314

■アース・ハーバリスト
ネイティブ・アメリカンのヒーリングを学ぶ二日間
http://wildandnative.com/main/event/20150421

ページトップへ戻る↑