e-mail: info@wildandnative.com

Blog

プチ「アースハーバリスト」養成講座 その5 薬草を使ってみよう

今回はいよいよ薬草を使ってみましょう。

色々な使い方があります。

写真のように、ビタミン剤にしてみたり、チンキ剤やマッサージオイル、軟膏やクリームなんかにも出来ます。

今日はその中でも簡単で、一般的?な「チンキ剤」を作ってみましょう。

長く保存も出来るし、旅行や出張などにも凄く便利です。
tinc

生の葉、または乾燥させたハーブを用意します。

今回は引き続き「アカツメクサ」を使います。

(上手な乾燥のさせ方「アースハーバリスト養成講座その3」)

それを保存瓶につめて、例えば50度のウォッカを注ぎます。
(アカツメクサに関してはハーブが全部浸る程度まで)

redclover

蓋をして6週間待ちましょう。
(二週間でも充分という説もあります。お好みで)

絶対ラベルをつけましょう。

何度も経験してますが、絶対いつ仕込んだか忘れます。

redclover2

6週間たったら、清潔なガーゼなどで濾して、スポイト付遮光瓶に入れます。

薬草の種類によっては、透明なウォッカが、こんなに真っ黒になるくらい成分が出ます。
(ちなみにこれは『ヤエムグラ』という野草のチンキ)

cleaverstinc

アカツメクサには、様々な薬効があります。
(アカツメクサ 効能 等で検索してみましょう。)

ちなみに今回の私の目的は、「血液のお掃除」です。

サラサラの綺麗な血を持った40代のおじさんを目指します!
(今も特に汚れてないですけど。)

スポイトワンプッシュ分を一日三回服用。

spoit

3週間ほどで効果が出てくるといわれています。

スポイト一回分のアルコール分は、熟れたバナナ一本分ほどなので、飲酒運転等も心配御無用とのこと。

アルコールが苦手な方は、カップに入れてお湯を注ぎましょう。

アルコールが飛び、即席ハーブティーになります。

近所の薬草が、私を健康にしてくれる!

またこれで「自然」との結びつきが出来ます。

————————————————————-

■薬草の使い方を学ぶ二日間
http://wildandnative.com/main/event/20150801

■薬草の使い方をオンラインで学ぶ
http://wildandnative.com/main/nativelife/?page_id=651

 

ページトップへ戻る↑