e-mail: info@wildandnative.com

Blog

焚き火の季節です。一晩持つ量の薪を効率よく集めるには?

 

下記は「地球生活術」に投稿されたコラムです。

焚き火の季節になりました。

どんどん焚き火で遊んで、美味しいものを食べましょうね。

先ずは直火OKの場所を探しましょう!(これが大変ですよね)

もしなければ、「焚き火台」なんて検索すれば、今では沢山の製品が出ていますね。

いずれにしてもキャンプ等に出掛けて、焚き火をする時に「薪」が必要になります。

市販の薪もよいですが、ちょっと高価ですし、火持ちの良いものもあれば、悪いものもあります。

自分で集めれば、タダ(無料)ですし、好きな質の薪を集められますよね。

※必ず地主さんに「薪」の採取許可を取りましょう。

maki

ところが、一晩持つような薪を集めようとすると、中々大変です。

ポイントは、火持ちのよい「太い薪」を集めること。

ところが太い薪は、あまり地面に落ちていません。

落ちていたとしても、腐ってしまっているようなものが多く、折ったりするとスカスカだったり、虫が湧いてきたりします。

そこで探すべきもの、それは「立ち枯れ木」です。

まだ地面にしっかりと立っているけど、葉が一枚もついていない。

樹皮がめくれてしまっている。

そんな木があったら直ぐに目をつけます。

鉈なんかがあれば、高さ数メートルの木、丸々一本分の薪が、ひと手間で手に入ります。

鉈がなくても、立ち枯れ木の中には、手で押し倒せるものも少なくありません。

細い木であれば、ボキっと乾いた音を立てて倒れるものもあります。

tachigareki
「地球生活術」ビデオレッスン、「薪の集め方」のキャプチャー写真

写真の木は、鉈を使わずとも手で押し倒す事が出来ました。

注意点!

  • 瞬発的に倒すのでなく、ゆっくり押し倒すようにします。
  • 引倒すのではなく、必ず押し倒しましょう。
  • 急に折れた時にはバランスを崩します。その際の身体の持って行き場所も確保しておきます。
  • てっぺん付近の細い枝や幹が、押した時に折れて落ちてくる場合があります。しっかり上も見ながら、それが落ちてきた時の逃げ場所も確保しましょう。

それを長いまま引きずって、若しくは地面の上を少しずつスライドさせて持っていきます。

広いところまで持っていったら、適当な長さに折ったり、切ったりしてその夜の準備をします。

makiwari

また、立ち枯れ木でなくとも、枯れ枝も同様です。

枯れ枝は、まだ枯れていない木にも度々残っています。

そこそこ太い枝でも、枯れている枝であれば、歯切れよく折れます。

折ろうとしてもそれが、しなって折れない、弾力性があって折れなければ、それは生きている枝の証拠です。

さて皆さん、こうやって沢山薪を集めて、暖かい焚き火にあたり、リラックスした、素敵な夜をすごしましょう。

立ち枯れ木の見つけ方、倒し方などのビデオレッスンもアップしました。
http://wildandnative.com/main/nativelife/?p=1573

月々980円で、約300コンテンツがいつでも見放題。

今回のようなコラムも、メールマガジン形式で送られてきます。

詳細はこちらからどうぞ。

 

■今週末のワークショップでは、「焚き火の基本」もしっかりとカバーします。

leanto2

WAN-1 大地に生きる術に触れる二日間

 

 

ページトップへ戻る↑