e-mail: info@wildandnative.com

Blog

これでもう困らない!雨の日にピッタリなワイルドな野外プログラム!

野外炊事場などの屋根付き広場があればOK!楽しく、快適にプログラムを開催できます!

野外教育プログラムを開催する上で欠かせないのが「雨の日」のプログラム。

楽しんでもらう事が第一の目的である場合、頭を悩ませることもしばしば。

そして雨の日用のアクティビティは、時にワイルドさにかけてしまう事もあります。

そんな時に凄く重宝するのが、

「原始の火おこしに皆で挑戦してみよう!」

なんていう感じのプログラムです。

野外炊事場、バーベキュー場など、屋根がついた野外広場があれば、問題なく、凄くワイルドに開催できます。

 

楽しくつくる → 熱く挑戦する → 美味しく食べる

dougu

原始の火おこしに挑戦するプログラムのやり方は色々とあります。

例えば、火起こし器を自作するところから始めるのも凄く楽しいです。

出来上がったら皆で協力して火付けに挑戦!

たっぷり動いたところで、「原始の火」でお茶を沸かしたり、美味しいものを調理する。

火を囲んで、ゆっくりと皆でシェアリング。

焚き火にあたりながら外を見ると、

「雨が降ってよかったなあ・・・」

なんて思えるくらい気持ちいいですよ。

 

「気持ちをひとつに・・」を体感できます!

gensi2

例えば1グループ5人で組んでみます。

原始の火おこしのストロークは、非常にデリケートな「調和」が必要です。

誰かが強く押さえすぎたり、相手の力にきちんと合わせなかったりすると、火はおきません。

5人の心と動きがひとつになって、初めて成功するのです。

チームワーク育成、その他研修プログラムにもピッタリなアクティビティです。

 

「程よく難しく」が良いのです!

hidane3

主催する人だけがデモンストレーションで成功!

というのも尊敬を集める事が出来て良いでかもしれません。

ですが、やっぱり参加してくれた方々に成功して欲しいものです。

かといってあんまり簡単すぎても、盛り上がりません。

そこで先ずは、ホームセンター等で購入した材を使って道具を作ります。

一人で挑戦する代わりに、グループで協力する形式にします。

一時間くらい一生懸命頑張って着火に成功!

そんな感じが難易度として丁度よいようです。

 

大人も子供も一緒に楽しめるプログラム

ykh3

大人と子供が一緒に楽しめるプログラムというのは、参加される側にとって、とても便利です。

そして原始の火が生まれる瞬間を、親子で体験できること自体も素晴らしい事です。

古来の人々にとっての「火」に対する考え方等も、本当に奥深くて素晴らしいもので、大人だけでなく、子供の心にもしっかりと響くものでしょう。

 

原始の火おこし教室を開催する「指導者」さんになりませんか?

2015年12月26日(土)~27日(日)曜日に、原始の火おこし指導者認定講座を行います。

講習受講者さんには、(社)危機管理リーダー教育協会認定の

原始の火おこしインストラクター

の資格を発行致します。

  • 程よく難しい火おこし道具の素材選び
  • きちんと機能する道具の作り方、調整方法
  • 火おこしを成功させるコツ
  • 火がおきない時の対処方法
  • プログラムの組み方
  • プログラムのバリエーションのつけ方(短時間のものから長時間のパターンまで)

などをしっかりと学びます。

受講後、インストラクターとして活動して下さい!

更なる詳細、お問い合わせはこちらまでどうぞ!

ページトップへ戻る↑