e-mail: info@wildandnative.com

Blog

何か疲れちゃった・・・。そんな時に見直したい「原始の価値観」

現代生活には「疲れる」事が一杯!

パソコンの普及や、優れたシステムの導入、そんな中で、これから不要になる職業がどんどん増える。

人間一人雇うより、システムの導入をした方が生産的。

人間一人の価値がどんどん下がる。

多量の情報が入ってくるようになった分、それをどんどん処理しないといけない。

そんな大変な世の中を、器用に立ち回る人も居らっしゃるでしょうが、正直、

「疲れちゃった・・・。」

という人も多いのではないでしょうか?

そんな時には「原始の価値観」をちょっと見直してみましょう。

 

カラハリ砂漠の狩人が言った、忘れられない一言

yorutaki

何の番組だったかは覚えてませんが、カラハリ砂漠の「サン族」という、原始的に生活している部族の日常を追っていたドキュメンタリー番組を見ました。

その最後のシーンが、何だか心に残っていて忘れられません。

製作スタッフが、「サン族」の人々にインタビューをしている場面です。

スタッフ「ただ食べ物を集め、食べて、寝て・・・そんな毎日は退屈ではないですか?」

するとサン族の人々は、素直に不思議そうな表情で、お互いの顔を見合わせます。

そしてこう言いました。

「じゃあ、あんた達は一体どうすれば満足するんだい?」

皮肉で放った言葉ではなく、純粋な質問でした。

 

「存在すること」それが最も大事

dh24

現代生活では、ある意味、何かを生産すること、成し遂げることで、その人の価値となります。

それは人から定められるものだけではなく、自分でも、自分自身を、その視点で評価をしてしまいがちです。

時には、「存在する事こそ、もっとも大切な事」という、原始の評価基準に戻ってみましょう。

そんな風に本当に感じる事ができていたからこそ、彼等は

「人間の命も、植物や動物の命も、同じくらい尊い」

なんていう言葉を、きれいごとでなく、本気で言っていたのです。

我々も、本気でそう思えるようになったら素敵ですよね。

 

報酬は「生きられる!」ということ

w42

原始の人々は、きっと、毎日、食料を集めていました。

狩りに出掛けたり、野草を摘んだり。

木を擦り合せて、火をおこしたりしました。

水を汲みに行き、薬草などを使い、お茶を沸かしました。

それらの行為には、技術と知識が必要になります。

その行為、技術、知識、全ては、ただ「生きるため」という目的のためにあります。

彼等にとっては、その「生きられる」ことこそが、最高の「報酬」であり、それ以上価値のあるものは、見つけられないと考えていました。

「どうすれば満足するんだい?」

という質問は、そこから来ているのでしょうね。

でもちょっと考えてみると、我々にとっても同じ事が言えるのかもしれません。

「生きられる」

その事に、もっと感謝すべきなのかもしれないです。

 

そんなわけで・・・

mode

たまにはボーっと外を眺めてみましょう。

何もしないで、自分という存在をじっくり感じる時間を持ってみましょう。

心臓が鼓動している、見ている、聞いている、感じている、考えている。

「自分」の存在感って、実は我々が一番感じられるものなんです。

いつも「外」に向いている意識を、たまには「自分」に向けてみましょう。

「パワーは、その『源』に戻った時に、最も強くなる。」

自分の持っている力を、自分に注いでみる時間を持ちましょう。

時にはそうしてあげないと、自分が可愛そう?かもしれません。

そして鳥や虫、植物達が生活している姿を見てみましょう。

「『何のために生きてるんだろう?』なんていう不思議な自問をするのは現代人だけだ。」

なんていうインディアン(ネイティブアメリカン)の言葉も、実感として響いてくるかもしれません。

 

原始の価値観を伝える人になる

ykh3

今年最後のワークショップ、

原始の火おこしインストラクター認定講座、

現在 男性4名 女性2名 のお申し込みを頂いております。

まだまだお申し込み受付中です。

日程 2017/08/26 - 2017/08/27 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

 

ページトップへ戻る↑