e-mail: info@wildandnative.com

Blog

我々が失いつつある「五感力」を使ってバーチャルな世界を造りだす力「エンビジョニング」とは? | WILD AND NATIVE

エンビジョニングという「五感」の力

先ずは皆さん「りんご」を思い浮かべてみましょう。

そう聞くと、頭の中のスクリーンのようなところに「りんご」を思い浮かべる方が多いと思います。

そしてその「りんご」はどちらかというと平面的で、視覚的に思い浮かべられたものに近いのではと思います。

それに対して、例えば原始的に生活する人々が思い浮かべる「りんご」は、凄く立体的なのだといいます。

重さがあり、質感があり、手触りも感じられる。

実際に手に持つ事が出来て、その香りを嗅ぐ事が出来、食べた時には、きめ細かい味が口の中に広がっていく。

そんなリアルな「りんご」を思い浮かべる事が出来るのだそうです。

 

思い浮かべる物事にアクセスが出来る「エンビジョニング」

hi23

上記に述べたような違いが本当にあるのだとすれば、その差が生まれる理由は、きっと「情報の受け取り方」にあるのかなと思います。

我々が現代生活で必要とする情報の多くは、頭の中で処理できる、または処理すべきものです。

それらの情報は、「視覚」を除いたその他の感覚に響いてきませんし、響かせる必要もないのでしょう。

だから情報をアウトプットする際にも、二面的な形になりがちなのかもしれないです。

自然の中での体験、出来事は、常に、満遍なく五感を刺激してくれます。

受け取る情報が「頭」でなく「五感」であれば、当然アウトプットも「五感」を通してなされる事が多くなります。

私個人の感覚ですが、五感を通してアウトプットされた情報には、とてもリアルにアクセス出来ます。

先ほどの「りんご」の例に挙げたように、

自分とは別物の、客観的な「りんご」 – 二面的な情報

と、

実際に触れる、食べられる「りんご」 – 「五感」でアクセスが出来る情報

の差です。

口では説明できないような部分にも触れる事ができます。

そして、ある意味、実際には無いものを「感じる」事ができるのです。

このように「五感」を使って、そこに無いものを感じようとすることを「エンビジョニング」と呼んでみましょう。

 

「エンビジョニング」をどう使う?

nb

この「エンビジョニング」を養うエクササイズは、インディアン(ネイティブアメリカン)から伝わる「大地に生きる術」を学ぶのに不可欠です。

「大地に生きるサバイバル術」では、危険を察知し、水場や食料などの場所を察知するのに凄く役立ちます。

「薬草&ヒーリング」では、薬草の効き目を身体に響かせたり、どんなメディスン(栄養、素晴らしいもの)を自分が求めているかを感じたり、他の人がどんな不具合を抱えているかを、きめ細かく感じ取ったり出来ます。

現代生活においても、我々が気付いていないだけで、「エンビジョニング」の力は、色々と役に立つのではないかと思います。

何かを「造りだす」事が得意な人は、この「エンビジョニング」の力に長けている人なのかも知れないですね。

 

さて、次回は「エンビジョニング」の力を、どうやって養っていくかのお話を少しだけしてみたいと思います。

 

記事を書いた人

takuWILD AND NATIVE 代表 川口 拓

  • サバイバル・インストラクター
  • 自衛隊危機管理術教官
  • 自衛隊サバイバル術教官
  • 一般社団法人危機管理リーダー教育協会(CMLE) 代表理事
  • CMLE 災害対策インストラクター養成トレーナー
  • CMLE ブッシュクラフトインストラクタートレーナー
  • 薬日本堂非常勤講師
  • 自由大学「地球と遊ぶサバイバル」講師  等など

1971年、世界で定められている地球の日(4月22日)に生まれる。幼少の頃より自然が好きで、渓流で魚を獲り、その場で焚火で焼いて食べたり等、自然に親しみながら子供時代をすごす。

1996年~2004年、カナダやアメリカを何度も訪れ、雪山登山、ロッククライミング、カヌー、カヤック、野外救急法、野外教育法、ネイティブアメリカンの古来の教え、大地と共に生きるサバイバル技術等を学ぶ。

2001年より WILD AND NATIVE を主催、2013年、一般社団法人危機管理リーダー教育協会を設立。現在も自分で学びながら、ネイティブアメリカンの大地と共に生きる術、哲学、アウェアネス(原始の感覚の使い方)、サバイバル技術等を、一般の方々から、現役自衛官、警察官の方々に至るまで、幅広く共有している。

指導履歴、メディア協力などに関してはこちら

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/11/25 - 2017/11/26 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/12/02 - 2017/12/03 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/12/09 - 2017/12/10 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸太田市 CMLE ブッシュクラフトフィールド ~ 里山ホテルときわ路 ~

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/12/16 - 2017/12/17 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2018/01/13 - 2018/01/14 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2018/01/27 - 2018/01/28 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

開催予定ワークショップをすべて見てみる

ページトップへ戻る↑