e-mail: info@wildandnative.com

Blog

「ゆっくり、よく見る、よく聞く」という「天然安全管理能力」をとりいれましょう!被災された皆さん頑張って!|WILD AND NATIVE

先ずは被災された熊本、その近辺の皆さんへお見舞い申し上げます。

不安な時期はもう少し続くようですが、どうか切り抜けて下さい。

災害に合われた当事者の方々のお気持ちや状況は、きっと想像以上のものであると思います。

被害に合っていない、状況をリアルに感じられていない第三者は、むやみに何かをアドバイスするべきではないのかもしれませんが、以下、第一線の現場でも採用されている行動指標です。

 

どうしよう!?は少し控えめにしましょう

まだまだ余震が続く中、不安な気持ちが湧いてくるのは自然な事です。

その「不安」は、「何かをしなきゃ」という気持ちを生むので、決して悪いものではないと思います。

但し度が過ぎると「パニック」になり、情報収集能力が極端に低くなります。

普段では考えられないような怪我や事故に巻き込まれたりします。

 

「良く見る、良く聞く、ゆっくりと行動する」という天然の安全確保術

「どうしよう!?」という、解決策を求める気持ちを少し控えめにする代わりに、

ゆっくり動いて、

考えるスピードを緩めて、

よく見て、

よく聞く

を少しとりいれてみましょう。

「どうするべきか?」の情報を集めることも凄く大切です。

でもある意味「情報」は全て「過去」のものです。

「今」何が起きているかを察知出来て、「未来」の安全行動を導き出せるのは、皆さんの「天然安全アンテナ」です。

「今」の情報を吸収するためのスペースと余裕を自分の中に持たせるようなイメージが大切です。

「過去」は大いに参考に、でもそれだけではなく「今」からも沢山のヒントをもらう為には必須の「アンテナ」だと思います。

 

ライフラインの寸断、心細く、辛いですが、心配しすぎないようにしましょう

現地ではそろそろ皆さん、安全な場所に避難されていることだと思います。

ライフラインが寸断されてしまうと、心細く、寂しく、辛いですが、

身体を濡らさず、少し厚着をして体温を保持して、

水分をとれば、(人間は水なしでも72時間くらいは生き延びれます)

極端な話、食べなくとも3週間くらいは大丈夫です。

今は、もしかしたら、片付けなども程ほどに、体力を温存し、ゆっくり、様子を見て、余計な怪我や事故に合わないようにする時なのかもしれません。

頑張って下さい!

一般社団法人危機管理リーダー教育協会代表理事

WILD AND NATIVE 代表

川口 拓

ページトップへ戻る↑