e-mail: info@wildandnative.com

Blog

「今日は死ぬのにもってこいの日」という不思議な言葉~ネイティブアメリカンの教え | WILD AND NATIVE

「今日は死ぬのにもってこいの日」

何だか自殺願望のある人の言葉にさえ聞こえますよね。

でも、この言葉が発せられたのは、例えば美しい朝日を浴びながらとか、大好きな景色を眺めながらとか、そんな感じのタイミングだと言われます。

「いやあ、何て気持ちのいい日なんだろう・・・本当に今日は死ぬのにもってこいの日だ!!」

なんていう感じらしいのです。

死というものが怖い私にとっては、恐らく皆さんのうちの多くの方々同様、

「何だこの言葉の意味は???」

なんて最初感じました。

でも、自然を意識して美しいと思うようにして、そしてそれが益々当たり前の事のように根付いて来た頃、こんな風に感じるようになりました。

何か美しい景色を眺めて、それを全身で感じている時、どうしてこんなに気持ちがいいのだろうと考えました。

理屈的には理由は分からなかったのですが、

なんだか綺麗な景色の向こう側に、

と言っても距離的な向こう側ではないその場所に、

とてつもなく大きく、壮大な、果てしない「奇跡」みたいなもの

があるように感じられます。

それが、その景色を眺めている時に感じる美しさ、気持ちよさの根源であるような、そんな風に感じます。

そしてその場所は、自分が「死」というものを迎えた時に訪れる場所のような?

だとしたら、綺麗な景色を眺め、その向こう側の「奇跡」を全身で感じている時に

「いやあ、なんて気持ちがいいんだろう!今日は死ぬのにもってこいの日だなあ・・・」

なんていう言葉が出るのは、とっても自然な事なのかもしれません。

色んなものが美しいと思えるように「今」を思いっきり過ごして、「死」というものさえも素晴らしいものに感じられる。

そんな毎日を過ごせたらいいなあと思います。

皆さん、きょうも素晴らしい一日を過ごしましょう!

 

 

ページトップへ戻る↑