e-mail: info@wildandnative.com

Contact

良く頂くお問い合わせ

下記に、良く頂くお問い合わせ内容を幾つか挙げてみました。体力的にきついのでは・・?等のお問い合わせを頂きますが、「WAN-1」を始めとする殆どのコースは、厳しいサバイバルコースというよりも自然と静かに向き合うという感じのコースです。

Q 寒さが心配です...

冬季のコースは、室内での講義、外でのエクササイズが交互に行われます。室内は暖房完備で、暖かい飲み物などで身体を温める事が出来ます。「寒くて凄く辛かった・・。」というお声は、基本的には頂かないです。それでも体調を崩された場合等は少し大変かもしれません。無理せず、寒さも少しだけ感じて、楽しみながら、自分のペースで、エクササイズをして頂ければと思います。

Q アウトドアや登山、キャンプ等の経験が全くないのですが...

全く心配いりません。参加される方々の約8割の方が、アウトドアやキャンプ未経験の方々です。キャンプや登山等が、それぞれ独自の「自然」へのアプローチを持っているように、コースで皆さんと共有する内容も、凄く独自なものだと思います。いらっしゃる殆どの方にとって初めての経験になるのではと思います。

Q 体力や経験がなく、皆さんの足を引っ張ってしまわないか心配です...

ワークショップ中のアクティビティや、エクササイズは、皆さん一人一人が「自然」と向き合って・・・というイメージで進んでいきます。
「コース紹介などを見ると、一見ハードな内容に見える」
とのお声を頂きますが、エクササイズ等は全て自分のペースですすめて頂くものばかりです。
「つい熱くなって、火起こしを頑張りすぎてしまい、今日は体中が筋肉痛です。」
というような、自分で頑張り過ぎてしまった故?の体力的きつさはありますが、長い距離を歩いたり、急斜面を登ったりというような内容は全くありません。万が一キツイと思うような時には、皆さんご自分のペースで休まれたりしています。体力に自信のない方も安心して御参加を検討されてみて下さい。

Q テントや寝袋を持っていないのですが...

「デブリハット」のコース以外は宿泊は基本的にコテージです。寝具や水洗トイレ、シャワー、冬季の暖房なども完備です。施設は自然林に接していますので、天気の良い日には、寝袋を御持参になって、森の中等で寝られる方もいらっしゃいます。

Q お風呂には入れますか?

はい、入れます。夕食後、2時間程自由時間があります。その間にコテージでシャワーを浴びて頂いたり、開催地近くの温泉施設や、銭湯などに出掛けます。

Q 女性一人で参加できますか?

これまで高校生の方から中高年の方まで、何人もの方が、女性お一人で参加されています。他に女性の参加者の方がいないとちょっと心細いという方はお気軽にご相談下さい。その時点で女性の方が何人申し込まれているか等、状況をお知らせします。

Q 子供と一緒に参加出来ますか?

お子さんには、少し説明が哲学的で難しいと思います。お子さんのプログラムは別で企画しています。高校生以上を対象にさせて頂いています。

その他ご不明な点等ありましたら、
どんな些細な事でもお問い合わせ下さい。

Contact Form

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • 野外実習遠征等の理由により、返信までに数日間頂く場合がございます。
  • 携帯メールアドレスを使用される方は、info@wildandnative.com の受信許可設定が必要になる場合があります。

上記をご確認頂き、宜しければチェックボックスにチェックを入れ、送信ボタンを押してください。

WILD AND NATIVE NATURE SCHOOL

埼玉県越谷市
Email info@wildandnative.com