e-mail: info@wildandnative.com

スカウトの戦い

スカウトの戦い

特別コース これぞスカウトの護身術
期間 一泊二日

スカウトは姿を見せません。従って敵と直接戦わなければならない事態は勿論避けなければいけません。しかし自分や、それにも増して自分の愛する人や部族に危険が迫った時に備え、彼等は敵と戦う技術を鍛錬していました。

相手と直接的に戦うという激しい状況下においてさえ、調和、ベースラインを意識し「波紋」を起こさない事を念頭においた、芸術的な護身術をこのコースでは学びます。この戦い方のルーツをたどってみると、正に敵に察知されないように戦わなければならなかったという極限的な状況の中生まれた護身術で、実際にネイティブアメリカンの教えも直接受けたという、本物のスカウトの技術でした。その特徴を挙げてみます。

  • 目的は相手を傷つける事よりも、自分の身の安全を守る事
  • それに伴い、自分からは決して手を出さない
  • 音を立てない足さばき、戦い方
  • 自分を中心とした、半径約1メートル以内で展開される動き
  • 3手、時には2手で相手の動きを制圧する
  • 相手に衝撃を与えず、相手に力を出させない
  • 動きが非常にコンパクトである
  • 筋力ではなく、体の根本的な力が出るような、自然な体の動き
  • 「エネルギーの保持」を常に心掛ける

今回この「高度」な護身術の基本編を特別講師を迎えて皆さんと共有します。格闘技経験や、護身術を学んだ事のない方にこそ是非学んで欲しいとの講師の方の希望で、今回は本当に基本的な体の動かし方からきっちり学びます。経験者の方の参加も勿論受け付けておりますが、基本的には本当に初心者の方々や女性の方向けの内容になりますのでご了承下さい。

参加者の皆さんそれぞれの体力に合わせ、自分のペースで出来るような内容構成になっています。体力的な心配は全くいりません。むしろ如何にエネルギーを保持して体を動かせるかを学びます。

ベースライン、波紋といった概念の深い理解が必要になりますので、WAN-1のコースを受講された方を対象とさせて頂きます。

スカウトの戦い