e-mail: info@wildandnative.com

ネイティブ・ハーバリスト1 食と薬

ネイティブ・ハーバリスト1 食と薬

野草を食し、薬草を頂き、野草の声を聞いてみる
対象:どなたでも御参加になれます。

どんな植物が食べられて、どんな植物が薬草で、どんな薬効があるんだろう?もしかしたら普段「雑草」だなんて思って、注意も向けないような庭先の植物に凄いメディスンがあるのかもしれない!?このコースでは、食べられる野草に目を向け、サバイバル的要素をカバーし、また、薬草という要素にもアプローチをかけます。

「ネイティブ・ハーバリスト」ってどんな人達でしょう。ある意味私が勝手に定義をした言葉です。「ハーブ」という言葉を聞くと、西洋のハーブが先ず思い浮かぶかもしれませんが、あくまでもこのコースは、ネイティブ(土着)のハーブ(野草)を利用します。ネイティブの教えでは、自分が必要とする薬効、栄養を持つ野草は、自分の住んで場所に必ず生えているのです。

このコースは植物と人間の根本的な関係に焦点を当てます。自分の住む場所に生えている植物と、どうやって向き合って、どんな風に付き合ったらいいのか、そんな事を参加者の皆さんと共有します。

カリキュラム

  • 野草の「気持ち」にアプローチをかけてみる
  • 植物のスピリットを感じる為の瞑想方法
  • 野草を夢に誘うⅠ 野草のスピリットをスケッチしてみる
  • 数種の食べられる野草を覚え、食し、しっかりと味わってみる
  • 薬草の語りかけをしっかりと身体・心・スピリットで感じる
  • 薬草利用法 - 薬効を逃がさない薬草茶のいれ方
  • 薬草利用法 - スチームで摂り入れる
  • 薬草利用法 - ダイレクトアプリケーション
  • 薬草利用法 - 薬草軟膏の作り方(虫刺され、軽い火傷、切り傷に効く)
  • 野草の「家族」へのアプローチ
  • 野草を見分けるのに役立つネイティブ・ハーバリスト流簡単植物学Ⅰ
  • どんな薬効がどんな風に作用するのか ネイティブ・ハーバリスト流簡単植物学Ⅱ

沢山の種類の植物を覚えるというよりは、数種類の植物と、深い部分で関係を持つといったイメージのコースです。ここで覚えた植物との付き合い方をしっかりと持ち帰って頂き、自分が住んでいる地域に生えている沢山の植物と友達になって下さい。とりあえず第一回目はどなたでも御参加いただけるように設定しました。どなたでも御参加になれます。

ネイティブ・ハーバリスト1 食と薬