e-mail: info@wildandnative.com

トラッカーへの旅路

トラッカーへの旅路

トラッカーに必要なアウェアネスと知識を得る
期間:1泊2日 対象:「WAN-1」を受講された方

「トラッカーへの道」が、トラッキングの実践編であるとすれば、このコースはトラッキングに必要な感覚的な部分や、少し専門的な知識を学ぶ、トレーニング編のような内容になるのでしょうか。

ネイティブアメリカンの教えでは、様々な生き物が、一つの大きな生き物を創り出しているというような考え方があります。そしてトラッキングというのは、その教えを実感できる行為であり、また、全ての生き物が繋がっているというアプローチを持ってしてこそ、本当のトラッキングというものになるのだと思います。そんなトラッキングに具体的にアプローチをかけるにはどうすればよいのか、このコースで皆さんと共有出来ればと思います。トラッキングとアウェアネスのテクニックをどう融合させるのかを実践的にやっていきます。

また、四足動物の細かい脚運びのパターンを20数種類学び、これからのトラッキングを実践するにあたり、必要な知識も共有します。

その場所を知れば、その痕跡の主に関する事も沢山見えてきます。逆に言うならば、その場所を深く見る事が出来なければ、そこに痕跡を残した主の魂には触れられないような気がします。

カリキュラム

  • 一つの場所、またはトラッキングエリアを深く見るための具体的なアプローチ方法
  • 「秘密の場所」での具体的なアウェアネストレーニング方法
  • リンキング - 一つの出来事から多くの情報を読み取る方法
  • 約20数種類の野生動物の細かい歩調パターン
  • コヨーテ先生であるジャーナリングの細かいテクニック
  • 感覚瞑想への違ったアプローチ
  • マーキングの知恵、アドバンス編
  • 「秘密の場所」ちょと変わったお散歩方法

など

トラッカーへの道と同様、全てのエクササイズは参加された皆さんが持ち帰り、普段のトレーニングの内容として最適です。「優れたトラッカーは、優れたスカウトであり、優れたサバイバリストである」という理屈の意味が垣間見えるコースです。「WAN-1」を受講された方を対象とさせていただきます。

トラッカーへの旅路