Teachings From The Earth

WAN-1 自分の「自然」を養う三日間 大地に生きる術、アウェアネスを身につけよう!

[日程]
2021/05/01 - 2021/05/03 : 12:00 AM

必読:開催にあたって

    • こちらのワークショップは、新型コロナウイルス拡大防止の観点から、お申し込みのみ受付中です。参加費のお支払いに関しましては、開催10日前を目処に、メールにてお手続き方法等をご案内させて頂きます。
    • 日本政府より小規模イベント開催自粛要請等が発令されない限り、規模の縮小等、可能な限りの対策をさせて頂きながら、開催決行の予定です。予防対策につきましては コチラ をご参照下さい。
    • 開催中止の場合、お申し込み時に記載頂きましたメールアドレスにご案内させて頂きます。

いつものWAN-1を、じっくりと体験、共有しながら、プラスαの内容も加える3日間

「先ずはこのコースから是非。」

と皆さんにお勧めしているこのコースは、

大地に生きる術、アウェアネス、自然の教え

の三要素がぎっしり詰まった、総合的なコースで、私も大好きです。

今回、GWの3日間を利用し、いつもの二泊3日のコースをじっくりと、ゆっくりと、プラスαの内容も加えながら行います。

参加者さん同士の交流、体験の共有の時間を多くとります。

皆さんが、自然と向き合う時間もたっぷりと取りたいと思います。

 

動じない「ゼロ人間力」を養う!

ykh1

現代社会という枠では、自分の力を、「役割をこなす」「何かを生産する」等に費やします。

効率よく仕事する、生産するために、便利な生活様式を取り入れ、「生きる」は既に前提として与えられているようなライフスタイルです。

ある意味、「生きる」を実行するにあたり、エネルギーや知恵を駆使する必要がありません。

大地に生きる人々、自然の住人の世界では、自分達の力を全て「生きる」に費やします。

そしてその「生きる力」は、全ての生きる者の根本となる「力」です。

「生きられる状態」を与えられ、その地点をゼロとする毎日も便利で快適ですが、そのゼロまでに必要となる「力」を養ったら、どんな感じがするでしょう?

もっと根本の人間力みたいなものを感じられたり、自分がしっかりと大地に根ざして立っているという感動があるかもしれません。

その根本の「生きる力」体験は、きっと日常にも色々な豊かさをもたらしてくれる事でしょう。

 

意外?「サバイバル」は、マインドフルネス、リラクゼーション、アウェアネスから始まる

w14

サバイバル術と聞いて我々が連想するのは、何だか厳しいイメージ。

屈強な人間のみが可能なものみたいに思えます。

このコースを始め、全てのコースで皆さんと共有するサバイバル術は、ネイティブアメリカンの教え、自然の教えを基礎にしています。

自然の力、パワーは壮大で、とても人間一人の力で逆らえるものではありません。

そして本来「自然」は、我々の命を奪う存在ではなく、生きる「恵み」を与えてくれる存在です。

その壮大な「恵み」の流れに逆らうことなく、そこに同調し、味方につければ、自然は凄い力で我々の命を守ってくれるのです。

そんなわけで、このコースだけでなく、全てのコースは、「自然」という場所を理解し、そこに、身体と心を同調させる事から始まります。

ネイティブアメリカンに伝わる五感の使い方、歩き方、自然の捉え方を用い、アウェアネス、マインドフルネス、リラクゼーションを纏います。

厳しいサバイバル術のイメージは忘れてしまいましょう。

 

災害時などの緊急時に役立つ術を自然から学ぼう!

cohibamochi

今回は「自然」という場所を学びの場所とし、ワークショップが行われますが、全てのカリキュラムは「法則」を重視します。

「生きるための法則」「命を守る為の法則」は、自然の中であろうが、都市部での災害時であろうが、変わることはありません。

実際にコースに参加された方が、東日本大震災等で被災され、落ち着いて次の行動を見定める事が出来たという体験もされています。

自分や大切な人を守る術を、自然という最高の場所で一緒に学びましょう。

 

Healing & Retrieve – 自分の壁を外し、思いっきり自然と繋がる

wan1gogatu

大自然を味方につけて、逆らうことなく、「生きる」を体験する中で、自分の周りに作っていた「壁」のようなものを取り除いていきましょう。

それは、「自分はこうあるべき」という気持ちだったり、「こうしなきゃ」という社会での役割だったり、大人としての自覚みたいなものだったり。

どれも現代生活では大切な「鎧」ですが、時にはそれを脱ぎ捨てるのも本当に気持ちが良いものです。

普段だったら座らない土の上に、躊躇しながら座ってみる。

虫がいるかもしれない?不衛生な感じ?そんな落ち葉の家に恐る恐る入って、「ふうーっ」と力を抜いてみる。

それらは全て子供の頃大好きだった「冒険」です。

そんな風に壁を壊していくと、「自然」が喜んで皆さんの肌に押し寄せてきます。

そこには、「ヒーリング」「自然な自分を取り戻す」「言葉には出来ない教え」など、色んなものが沢山詰まっていると思います。

 

コースのカリキュラム

dhne

      • 生きる力を養う – 命を守るために知っておくべき事、サバイバル術ベーシック、大地の寝床作り、原始の火おこし、焚き火の仕方と使い方&後片付け方法
      • 感じる力を養う – 大地に生きる人々に学ぶ「アウェアネス」、怪我をしない動き方、歩き方、感覚のアンテナを豊かにする方法
      • 同調する力を養う – ネイティブアメリカンに学ぶ「自然の仕組み」、古来の狩人の技「トラッキング」イントロダクション、野生動物に同調する方法、痕跡の読み方

 

 

コテージで寝て、お風呂にも入ります

dhk

例えば、ボクシングジムに入門したその日に、世界チャンピオンとは戦いません。

このコースも同じです。

原始の寝床をみんなで一つ作ってみて、出来上がったら順番に中に入ってみます。

大地に守られるような感覚を、暫し味わいます。

焚き火の仕方をしっかりと学んだ後、自分で薪を集め、炎を育ててみます。

薪がしっかりと燃えて、焚き火を成功させる事だけが目的ではなく、自分の「命」と「火」の関係を感じる事が目的です。

個人の体験、感じ方を重視するワークショップなので、「成功」しなくても、他の人の足を引っ張る事にもなりません。

ましてや私がビシバシと強く指導する事もありません。

「自分」と「自然」の繋がりを感じるワークショップです。

コテージに宿泊、お風呂にも入りますし、食事もこちらで御用意します。

快適な状態で、先ずは基本からきっちりと学びましょう。

 

WAN-1 簡単なスケジュール(天候等によって変更ありです。)

初日

      • 集合、昼食(持参)をとりながら自己紹介、オリエンテーション
      • コテージ周辺にてエクササイズ
      • 夕方から夕食まで講義
      • 夕食(こちらで御用意します。18時半から19時を予定)
      • 入浴 – 状況が許せば、近くの入浴施設へ(コテージにてシャワーも浴びれます)
      • 振り返り(天候など状況が許せば焚き火を囲んで)

takibi6

 

二日目

      • 朝食 – こちらで御用意します。(朝食の時間は8時~。 たっぷり睡眠をとります)
      • 9時から、コテージ周辺の森などでエクササイズ
      • 昼食&昼休み – こちらで御用意します。合計一時間とります。
      • 15時半くらいまで、コテージ周辺や森にてエクササイズ
      • 夜を迎えるエクササイズ
      • 夕食~入浴
      • 振り返り

ykh1

 

三日目

      • 朝食
      • 9時からコテージ周辺の森などでエクササイズ
      • 振り返り
      • 都留市駅まで送迎 – 13時くらいを予定

雨天の場合、出来る限り雨を縫うようにし、屋根付きの野外活動場所等でエクササイズをします。

雨に打たれながら、びしょびしょになりながらエクササイズをする事はありません。

※台風等の悪天候の場合は中止となります。前日の午後に、決行か否か決定します。遠方から来られる方は、予約される交通費、宿泊費等のキャンセル料の自己負担のリスクをご承知頂いた上でお申し込み下さい。

 

開催場所

新宿から、約1時間半 山梨県都留市「宝の山ふれあいの里」

eh6
今回の宿泊先 ログコテージ

tfsc

集合時間

お車の方はお昼12時半くらいまでにセブンイレブン都留市駅前店に集合して下さい。

電車をご利用の方は、

      • JR中央本線 新宿駅より大月駅へ
      • → 大月で富士急行線12時2分発「河口湖」行きに乗換
      • → 12時17分都留市駅着

駅までお迎えにあがります。
ワークショップ終了後、帰りも「都留市」駅までお送りします。

3日目、帰りは13時~14時くらいに都留市駅に到着予定です。

 

参加費

一般の方 39,000円/ 「地球生活術」会員の方 35,000円(受講費、傷害保険料、食費、宿泊費込)

 

ご持参頂くもの

      • 初日の昼食、水筒、おやつ・夜食等(ご自分で食べて頂く用です。)
      • ナイフ(二つ折りでないもの歓迎。無料レンタル、当日販売 – 2,000円程度あります。)
      • 多少汚れてもよい服装(ジャージやジーンズ、フリース等、お持ちの範囲で大丈夫です。)
      • 暖かい格好や装備(現地は都心よりも2度から3度、気温が低めです。標高が高く、夜は冷える可能性があります。フリースなどを一着お持ち下さい。)
      • ブヨが発生している場合があります。長袖、長ズボン、長い靴下をお持ち下さい。
      • 気になる方はブヨ対応の虫除け
      • 運動靴やスニーカー
      • ノート・筆記用具
      • カメラ(内容等撮影希望の方)
      • 洗面用具、お風呂セット
      • 雨具(ホームセンター、コンビニのカッパで大丈夫です。)
      • 懐中電灯
      • プラスチックなどの割れないマイ食器(ご飯用と汁用)&カップ(100円ショップ等で揃います)
      • レジャーシートやアウトドア用座布団・座椅子等(地面に座る時に便利です。こちらも100円ショップで)

 

お申し込み、お問い合わせ

下記の「お申し込み」ボタンをクリックして、 下記の記入例をご参考に必要事項をご記入後、確認ボタンを押して下さい。

<お申し込み後のキャンセルについて>

      • 悪天候、主催者急病、お客様のご都合によるキャンセル、その他いかなる理由、場合においても、返金時に発生いたします振込手数料のご負担をお願いしております。御承諾の上、お申し込みください。
      • 最小決行人数(5名)を下回った場合、ワークショップは延期、または中止となりますので、予めご了承下さい。その場合、開催約10日前を目安に、メールにてお知らせいたします。
      • 開催決定、または開催が予定されている場合も、開催約10日前の参加費お振込のご案内を以てのお知らせとさせて頂きます。
      • 新型コロナウイルスの急な状況悪化、主催者急病、台風等の場合、希ですが、前日等、急な中止のお知らせなどの場合もございます。
      • 開催一週間前から前日までは、御振込み頂いた料金の50%、当日は100%のキャンセル料を頂きますのでご了承下さい。(振込手数料を差し引いた金額を返金させて頂きます。)
      • 参加費をお振込頂く前でも、開催一週間前よりキャンセル料金が発生いたします。キャンセルされる場合は必ずご一報下さい。
      • 遠方からいらっしゃる皆様へ、台風や主催者急病等の場合の延期、中止に伴う交通費、宿泊費等のキャンセル料実費負担のリスクを承知して頂いた上でお申し込み下さい。

備考欄に、必ず生年月日、性別、お名前フリガナ、当日の交通手段をご記入ください。
傷害保険等の手続きに必要な情報になります

 

現在お申し込み受付中ですが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、イベントが中止になる可能性がございます。
参加料金のお申し込みは、開催決定いたしますまでお待ち下さい。 

 

月々980円 地球との暮し方を学べるビデオレッスンが約300本!

 

その他ワークショップに関するご不明な点等は、下記までお問い合わせ下さい。
E-mail : office@wildandnative.com

お客様の個人情報はSSLにて送信されます。(SSLとは個人情報等を暗号化し、安全に送受信する技術です。)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Facebook

ベストセラー獲得!

ベストセラー獲得!

代表 川口拓の初著書「BUSHCRAFT MANUAL サバイバル術で楽しむ新しいキャンプスタイル」絶賛発売中です!

代表著書2冊目!

代表著書2冊目!

代表著書の二冊目が出ました!親子で野遊びしながら「自然の教え」「生きる力」を育もう!

PAGE TOP