e-mail: info@wildandnative.com

Blog

我々は真っ直ぐ歩けないって知ってました?

現代人は真っ直ぐ歩けない。

だから道に迷うんだそうです。

どういう事なのでしょう???

現代生活では、常に「くっきり」とした道があります。

ですから、それに沿って、真っ直ぐ歩けます。

そして目的地に辿り着けます。

でも、道のない森の中を歩いてみると、真っ直ぐ歩けなくなるんです。

真っ直ぐ歩いているつもりでも、どんどん曲がってしまうんです。

酷いときには、一周して元の場所に戻ってしまう事もあるんだとか。

こんなメカニズムが原因の一つです。

実は我々の「脚」の強さ、というよりも「側」の強さは、左右違うんです。

その結果、左右の歩幅は、同じく歩いているつもりでも、差が出てしまいます。

たいていの場合、どちらか片方が、決まって長くなります。

(私の場合は、右脚の一歩の方が長いんです。)

左右の歩幅が違う状態で、「道」という真っ直ぐ歩く指標が無い。

そんな状況を想像してみましょう。

何だか真っ直ぐ歩けなそうでしょ?

ですから、森で「道」を外れる時には、細心の注意を払いましょう。

コンパスがあれば随分と助かりますね。

9月の日13日~15日のワークショップでは、そんな時に役立つ、

コンパスや地図無しで道に迷わない為の知恵

なんかもご紹介します。

まだ5人程度のこじんまりな感じです。

http://wildandnative.com/main/event/20140913

ページトップへ戻る↑