Teachings From The Earth

砂漠、持ち物はナイフ一本!こうすれば生き延びられらレら・・・~「備える」というとてつもなく有効なサバイバル術~| WILD AND NATIVE

久しぶりの更新となってしまいました。

今回の新刊の紹介もまだほとんど出来ずにおりました。

少しだけ紹介させて下さい。

なぜ「絶望の砂漠」なのか?

砂漠にも色々な種類があります。

サボテンのような緑が点在するような場所もあれば、本当に砂のみ!というようなタイプの場所もあります。

それでは後者のような、本当に見渡す限り砂丘が広がるような砂漠を想定してみましょう。

着の身着のまま、装備はナイフ一本。

そんな状況でサバイバルする方法は・・・?

ズバリ、 無し!

勉強不足なのかもしれないですが、少なくとも私は知りません。

飛行機が不時着、車が立ち往生、それならまだ望みがあるかもしれません。

そういったものも一切なし、とにかくナイフ一本、着の身着のまま。

ナイフは全く役に立ちません。

何故ならナイフを使う対象物さえもないからです。

水もない、日陰もない。

月並みな言葉ではありますが、砂漠という圧倒的な自然の前では、我々人間はあまりに無力なのです。

捜索隊に発見してもらう、救助してもらう以外、生き延びる道はないでしょう。

但し、もの凄く有効な方法があります。

それは、生きるために必要なものを装備として持つという、もの凄く有効なサバイバル術です。

その場にあるもので何とかする、それがサバイバル術というイメージを我々は持っています。

ですが皆さん、有事に備え、必要なものを見積もり、装備しておくという技術も、凄く重要なサバイバル術です。

今回の本では、究極的な砂漠において、ナイフ一本、着の身着のままの人間に、どんな困難が降りかかり、それ故にどんな道具が必要になるのかを書かせて頂いてます。

酷暑の中でも、日陰と風を確保すると驚くほど涼しいです。

極限!サバイバルマニュアル

ご購入は コチラ からどうぞ

 

そして自然は、あまりに壮大すぎて、我々の見積もりを遙かに大きく超えてくることもしばしばです。

時に「非情」にさえ思えてしまうこともあるほどです。

今回の豪雨、土砂災害に被災された方々、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、心よりお見舞い申し上げます。

近日開催のワークショップ

[日程]
2018/08/25 - 2018/08/26 : 宿泊プログラム
[場所]
山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 
[対象]
[日程]
2018/09/01 - 2018/09/02 : 12:00 AM
[場所]
山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 
[対象]
[日程]
2018/09/08 - 2018/09/09 : 宿泊プログラム
[場所]
茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村
[対象]
[日程]
2018/09/15 - 2018/09/17 : 宿泊プログラム
[場所]
山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 
[対象]
[日程]
2018/09/22 - 2018/09/23 : 宿泊プログラム
[場所]
北海道 樺戸郡新十津川町 シピラサコタン
[対象]
[日程]
2018/10/07 - 2018/10/08 : 宿泊プログラム
[場所]
茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村
[対象]

開催予定ワークショップをすべて見てみる

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

ベストセラー獲得!

ベストセラー獲得!

代表 川口拓の初著書「BUSHCRAFT MANUAL サバイバル術で楽しむ新しいキャンプスタイル」絶賛発売中です!

代表著書2冊目!

代表著書2冊目!

代表著書の二冊目が出ました!親子で野遊びしながら「自然の教え」「生きる力」を育もう!

PAGE TOP