e-mail: info@wildandnative.com

Blog

ナチュラル・メディスン・レシピでインフルエンザ&風邪対策

mok

薬を飲む事が、あまり好きでは無い方へ

風邪やインフルエンザの対策、または感染してしまった際でも、薬を飲むのが好きでない方は多いかと思います。

私もその一人です。

お医者さんの薬も、勿論効果が実証されているものです。

必要な時には、私もしっかりと頼りたいと思います。

でも、風邪やインフルエンザで薬を飲んだのは、もういつだったか覚えてないほどです。

その代わりに、自然の「食材」を薬にして治療してます。

食材の多くには、抗生物質にはない、「抗ウイルス作用」を持つものも少なくありません。

体調を崩したら、薬屋さんでなく、自然食品屋さんや、スーパーへ行く。

そんな習慣もいいと思います。

 

例えば「玉葱 効能」で検索してみると・・・・

「玉葱 薬効」と検索してみましょう。

いかに玉葱の薬効が凄いのかが分かります。

特に、殺菌、抗菌、抗ウイルス作用には目を見張るものがあります。

黄色ブドウ糖球菌やジフテリア菌、コレラ菌をも死滅させる力さえ持ってるらしいです。

抗ストレス作用、抗炎症作用もあり、風邪やインフルエンザには最適だと思いませんか?

その他、血栓溶解作用や、糖尿病、高血圧、癌等、本当に万能薬です。

ここに挙げた以外にも沢山の薬効がありますので、是非一度、玉葱について調べてみて下さい。

 onion

そなに凄い玉葱のメディスンが詰まった「手作り喉飴レシピ」

このレシピを教わった時、私は何て凄い!と思いました。

作り方は凄く簡単です。

その作り方、そして何故この喉飴が凄いのかのウンチクを、ビデオレッスンで見てみましょう。

 ※このレシピは「蜂蜜」を使います。1歳以下のお子さんに、蜂蜜を与える事は、ボツリヌス菌の影響で大変危険と言われていますのでご注意下さい。

 

喉飴レシピに登場する「Honey Onion Syrup」の作り方ビデオ

こんなコンテンツやコラムなどを、メールマガジンでもお届けしています。

メールアドレスだけで登録可能ですので、是非ご利用下さい。

メールアドレス *

*は必須入力です

メルマガ購読頂いた方に!

kjbook

月々980円のオンライン講座「ネイティブ生活!」から、

PDF-Book「自分で作るハーブの薬箱」

の「第一章 頭痛編(全8ページ)」がダウンロード出来るリンクも載せておきます。

インフルエンザにかかってしまった時に、頭痛が出てしまう方も多いと思います。

実は私もその一人です。

インフルエンザに限らず、頭痛になり易い方にも、きっと面白い資料だと思います。

頭痛には、いくつかの一般的な原因があり、その原因別に、違ったハーブ、薬草でアプローチをかけてみよう・・といった内容です。

 

それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい!!

 

※上記コンテンツは、全て「ネイティブ生活!」のサイトでダウンロード出来ます。サイトの詳しい情報はこちらからどうぞ。

※この教材は、あくまでも「教材」であり、効果を保障するものではありません。また治療方法として薦めるものでもありません。怪我や病気の際には、行きつけのお医者さんなどに、御相談下さい。

ネイティブ生活!のサイトでは、例えば他にもこんなコースが受講できます。

■アウェアネス・ベーシック&ネイティブヒーリングを学ぶ最短8日間のオンラインコース

nl1

入会された方に先ず受講をお勧めしている最短8日間のコースです。

普段の生活リズムに、アウェアネスのエクササイズを、織り込みながら、アウェアネスを高め、植物とヒーリングに触れていきます。

 

■大地と共に生きる術 原始の火 弓錐式火おこし、初級~上級編

nl2原始の火おこし道具の作り方から使い方まで。

ホームセンターで材を買ってくる「初級編」から、ナイフも使わず、石器で現地の枯れ枝を整形して作る「上級編」まで、多種類のコースが受講出来ます。

■薬草、野草&ヒーリング 食べられる野草を覚えよう

nh3「野草食系男女」オンラインコースでは、食べられる野草の見分け方から食べ方までを動画で分かり易く解説。

都心近郊に自生する野草を中心に、沢山ご紹介してます。その野草が持つ栄養分等の情報も得られます。

 

この他にも書ききれない位のオンラインレッスンが受講出来ます。2013年1月現在、総ページ数約160!

月々980円 オンライン講座について、もっとお知りになりたい方は、こちらから詳細情報をご覧になって下さい。

更新は週に一回。これまでの更新情報はこちら

 

mousikomibut

※「薬草とヒーリング」コーナーにおける情報は、あくまで学習目的のものであり、薬草等の効果、効用に関しては個人差があります。紹介文中の「効く」という言葉は、あくまでも私個人の感想、感覚、または「『効く』と言われている」ものであり、効果を保障するものではなく、また、病気、疾患等の治療法として薦めているものではありません。体調を崩された際には、お医者さんなどの専門家の方々にご相談下さい。

 

 

 ↓ フェイスブック・ページも日々更新中です! ↓

 こちらのページを、お友達にも是非教えてあげて下さい!

ページトップへ戻る↑