e-mail: info@wildandnative.com

Blog

薬草のことを学ぶのに、何故「敏感さ – Awareness」が重要なのか?

「Awareness – 敏感さ」は、ネイティブアメリカン(インディアン)の「薬草&ヒーリング」の教えで、最も重要と言われます。

そんなわけで、アースハーバリストワークショップでも、Awarenessのエクササイズは沢山行います。

その理由は多数あります。

 

自分の状態を、常に、きめ細かく感じられること

それが最高の予防策と言われていました。

「自分にとっての最高のヒーラーは、自分の中に存在する」

という教えの意味は、体調を実際に壊す前の「違和感」や、何らかの「変化」に逸早く気付く事の重要性も説いているのかもしれません。

実際に、部族の中で「ヒーリング」の役割を担う事が多かったと言われる「母親」たちは、物凄く敏感に、家族のコンディションの変化を感じ取ったと言われています。

 

薬草が与えてくれる変化を、敏感に、きめ細かく感じられること

obako2

薬草は、現代薬の効き方と比べて、「物凄く効く人」と、「あまり効かない人」に分かれます。

そして「効く人」とは、薬草が与えてくれる、微かな変化やイメージさえも、感覚でキャッチできる人です。

「キャッチ – 自覚」できれば、それを「意識」する事が出来、それを身体や心に響かせる事が出来ます。

薬草に敏感に反応する人は、「薬草と話が出来る人」、と言っても間違いではないかもしれません。

 

Natural Medicine を感じられること

mori12

そして、自然が与えてくれるメディスンは薬草だけではありません。

景色だったり、音だったり、香りだったり、言葉だったり。

それらが、自分の心を躍らせるのか、静ませてくれるのか。

熱い気持ちになるのか、クールな気分にさせるのかなど、

心と身体は密接に繋がっていて、そんな「気分」の動きは、何らかの形で「身体」にも影響を与えます。

それらの「変化」は、それこそ幅広く、言葉ではとうてい表しきれません。

だからこそ敏感に、感覚で「キャッチ」しないといけないのです。

頭で考えるのを少し休んで、感覚に集中してみる。

大地のヒーリングの教えは、そこから始まるんです。

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/10/28 - 2017/10/29 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/11/11 - 2017/11/12 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/11/18 - 2017/11/19 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/11/25 - 2017/11/26 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/12/02 - 2017/12/03 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/12/16 - 2017/12/17 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

ページトップへ戻る↑