e-mail: info@wildandnative.com

Blog

焚き火してるのに寒い!そんな時に見直したい3つのポイント | WILD AND NATIVE

焚き火のありがたみを感じる季節はもう少し続きそうです。

そして「焚き火をしても冬はやっぱり寒いよなあ。」と思った経験はないですか?

そんな時には、たとえば次のポイントを見直してみましょう!

 

チェックポイントその① 風に当たってませんか?

今日は無風だ・・・と思っても、焚き火を開始する前に、もう一回だけ肌感覚を敏感に働かせましょう。

焚き火というのは、ある程度長い時間楽しむものです。

そよそよとした風であっても、継続的に当たっていると、芯まで冷えてきます。

勿論風向きは短時間で変わったりしますが、メインの風向きをしっかりと感じとって、そちら側に何らかの遮蔽物を設けましょう。

風で身体も冷えないですし、焚き火から出た熱も、風にもっていかれなくなります。

 

チェックポイントその② 冷たいものに座ってませんか?

石や金属、硬い木の上などに座っていると、接触している部分から熱が逃げていきます。

お尻の下には、自分の熱が滞留するような敷物を置いてあげるか、落ち葉の布団などを作ってあげましょう。

火の粉が飛んで、火移りしないように、しっかりと落ち葉止めなどをつくってあげるといいですよ。

チェックポイントその③ 焚き火の熱の「向き」を考えましょう!

焚き火の熱が進む方向は、主に 上 です。

これが一番見落とされがちのような気がします。

ちょっと工夫をしてあげて、焚き火の上がって来る熱のエリアに自分の身体を置けると全然違いますね。

足元まで温かい焚き火になると、本当に気持ちがよくて、何だかお風呂に入っている気分にさえなります。

 

他にもまだ様々なポイントがありますが、上記3つを守ってあげるだけでも随分違いますよ。

なるべく小さい焚き火で、多くの熱を得る!

という焚き火を目指すと、色んな工夫やテクニックが見えてきて、本当に楽しいです。

 

そんな「焚き火のコツ」もカバーする、「アースロッジ – 大地が直接渡してくれる家をつくる」が間もなく開催です!

只今 男性2名 女性2名 の方がお申し込みです。

中で焚き火をして、あったかいロッジの中、美味しい焚き火料理も沢山食べましょう!

 

自然と思いっきり遊び「マインドフルネス」を養おう! – ブッシュクラフトマニュアル、電子書籍版も好調です!

本当に皆様のお陰です。

ランキングも常に安定しております。

ありがとうございます!

皆様、電子書籍版も出てますので、引き続き宜しくお願い致します。

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/08/02 - 2017/08/03 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/08/26 - 2017/08/27 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/02 - 2017/09/03 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/16 - 2017/09/18 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/23 - 2017/09/24 : 宿泊プログラム

場所 熊本県 上益城郡山都町 服掛松キャンプ場

対象次のコースのいずれかを受講された方  

開催予定ワークショップをすべて見てみる

 

ページトップへ戻る↑