e-mail: info@wildandnative.com

Blog

痕跡でなくて「意思」を追う

「目の前にある足跡を追うのではない。

そこに残る意思を追うのだ。」

なるほど!

で、それはどうやるんでしょうか、先生!

「うーん・・・わからん。」

そんな感じの会話が、先生と、その一番弟子さんの間で交わされたそうです。

確かにその先生は、

「『意思』を追うから、痕跡が途切れたように見えても、引き続き追えるのだよ。」

と言ってました。

もしかしてちょっとスピリチャル的な感じなのかなあ?

俺には無理なのか?

正直そんな考えが頭をよぎりました。

でもやってみれば、凄く体系化されてて、地に足がついた感じでした。

凄く単純な例を出します。

山に別れ道があったとしましょう。

自分なら迷いなく右へ。

広いし、明るいし、歩きやすそう。

でも、今、自分が今追跡している痕跡の主であるタヌキなら、どっちへ・・・・?

それが「意思」を追うって事なのです。

もっと言うのであれば、その意思を「追う」のでなく「まとう」のだそう。

そして、なるべくキメ細かい「意思」を、まとうには、タヌキの事を、よーく知りたくなります。

おまけに、タヌキを自分の「頭」ではなく「感覚」に纏わないといけないという事も分かりました。

自分が知る、または痕跡から得られる、あらゆる「タヌキ」の情報を、感覚に「まとう」、

イコール

今追っているタヌキに「変身する」ということ。

痕跡を見るのは、一番最後、答え合わせ程度。

それが「コツ」なのだそうです。
12月20日、今年最後のワークショップ、

「トラッキングベーシック」。

現在、男性5名、女性2名の方々が御参加予定です。

まだまだお申し込み受付中です。

 

ページトップへ戻る↑