e-mail: info@wildandnative.com

Blog

痕跡からストーリーを読み取る – 例えばこんな風に

写真を見てみましょう。

こちらでも何度かアップしてる写真です。

色々な足跡がありますが、猫と思われるもの以外ぼかしてあります。

「四本指で爪なし。猫がここに居たんだ。」

という事がわかります。

でも面白いのはここからです。

足跡は二つ一組になっています。

足の大きな方が前足です。

一番最初の組、向かって一番右側の1組と、一番左側の1組とを比べてみましょう。

前足と後ろ足の距離が広がってますね。

イコール速度が落ちたという事なんです。

ここを歩いた猫の心境に、何らかの変化があって、歩を緩めたのです。

そこに気がつくだけでも、無機質だった砂の上の凹みが、「意思」をまとっていくのです。

更に、

「どうしてここで歩く速度が緩まったのか?」

その原因を読み取ろうとしていくと、この猫の残した「意思」に触れていく事になります。

「痕跡を追うのではない。残留した『意思』を追うのだ。」

なんていう先生の言葉が、現実味を帯びておきます。

更によく観察すると、縦に綺麗に並んでいる組と、後ろ足が左右にずれている組があります。

これにもしっかりとした理由があり、その理由を探っていくと、もっと細かく「意思」に触れる事になるでしょう。

この写真からは、足跡を残したこの猫の「意思」を、もっと沢山推測する事が出来ます。

じーっと見つめて、この猫が見ていた世界をつくり出すこと。

例えばこんな風にストーリーを読み取るのです。

<急遽開催決定 トラッキングテクニック>
http://wildandnative.com/main/event/20150214

ページトップへ戻る↑