e-mail: info@wildandnative.com

Blog

Tracking(トラッキング) – 古来の狩人が体験する不思議な瞬間

トラッキングとは同調することである

目の前にある一連の足跡。

それを追っていけば、その先には、その痕跡を残した「主」がいます。

Tracking(トラッキング)、一般的には「追跡術」と訳されます。

ところが古来の狩人達が用いていたトラッキングの技術は、「追う」だけにとどまりません。

痕跡を「きっかけ」として、その「主」に同調すること。

それが彼等にとってのトラッキングでした。

 

フィジカルな技術に伴う「精神世界」的な部分

track3

トラッキングを体験する人が、よくこんな事を言います。

「目の前に急に○×のイメージが浮かんできた。」

これは、痕跡からストーリーを読み取ろうとする際に、多くの人が体験する現象です。

古来のトラッキングは、痕跡を「追う」だけにはとどまりません。

痕跡を「読む」のです。

地面に残された一連の足跡から、

When ?(いつ?) – 主は「いつ?」ここを通ったのか?

Who ?(誰?どんな奴?) – 痕跡の主は「誰?」なのか、「どんな奴?」なのか

What ?(何?) – 主はここで「何?」をしていたのか

Why ?(何故?) – 主は「何故?」ここにいたのか

Where ?(どこ?) – 主は「何処?」へ向かっていたのか、今「何処?」にいるのか

そんな情報を読み取ります。

track4

それぞれの情報を読み取るには、様々な観点があり、テクニックがあり、プロファイリングという作業も必要になります。

ここまでは、ある意味「テクニカル」な技術を要します。

そして、上記の情報を、目の前の痕跡から読み取っていると、自然に、

How ? (どのように?) – その主は、その場所で「どのように?」感じていたのか、何を感じていたのか?

という部分にアプローチをかける事になります。

それは時に、その動物の姿がイメージとして現れるような形で訪れることもあります。

また、場違いな感情のようなものが、急に襲ってきて、

「もしかしたら、痕跡の主がここで感じていたイメージかもしれない?」

なんて思ったりもします。

これらは全て、痕跡から得られる情報を、パズルのように組み合わせて作った「物語」を想像しているに過ぎないのかもしれません。

sika

ところが古来の人々は、それを「残留意志が我々に与えるイメージ」と言いました。

痕跡から読み取った物語が、もし、その主である動物がとった実際の行動と一致したら・・・それはスピリチャルな体験と呼べるのかもしれません。

今月1月23日、24日に開催の「トラッキング – ネイティブアメリカン(インディアン)古来の『狩』を体感する二日間」、

現在 男性4名 女性2名

のご参加です。

まだまだお申し込み受付中です。

 

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/08/26 - 2017/08/27 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/02 - 2017/09/03 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/09 - 2017/09/10 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/16 - 2017/09/18 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

ページトップへ戻る↑