e-mail: info@wildandnative.com

Blog

割り箸を渡されて「これで火をおこしてみてよ!」 果たして結果は・・・? | WILD AND NATIVE

「何か面白いこと言ってみてよ。」

お笑い芸人さんが、プライベートで言われて最も困る事のひとつなんだそうです。

そして私も体験しました。

サバイバルインストラクターという肩書きである以上、仕方ないのかもしれませんが、割り箸を渡され、

「火点けてみて?」

さて、これは果たして可能なのでしょうか・・・?

それに対してお答えする前に、ちょっとこんなお話を。

 

え?ホームセンターで買った製材でやるんですか?

原始のひおこしをする際に、先ずは製材で作ったキットで練習をします。

その時に、たまーに出るリアクションとして、

「サバイバルなのに、ホームセンターで買った製材ですか?」

なんて言われてしまう事があります。

ごもっとも!!私もそう思います。

でもそれにはちゃんとした理由があるのです。

いつもボクシングに例えるのですが、

  1. 現地環境から、適した素材を見極め(これが難しい!)、
  2. 上手な火おこしセットを作る事が出来、
  3. しっかりとしたフォームで火をおこす!

という工程は、ボクシングの日本(東洋?)チャンピオンクラスです。

入門したその日に、いきなり日本チャンピオンと戦わされたら、多分トラウマになって、もう二度とボクシングなんか・・・

なんて多分思うでしょう。

そんなわけで、他の全ての学び事と同じように、原始の火おこしも「基本」から始めるのです。

 

火の着きやすいキット、そして道具の調整方法を覚える!

そんなわけで、例えば上記写真の弓錐式だったら、火の点きやすい製材、切れない丈夫な紐、正しいフォームを意識して基本を学びます。

そして、自分が「火を生み出す」体験をしてみましょう。

自分が生まれてはじめて火をおこした瞬間は、私もそうですが、恐らく一生忘れらないものとなります。

そしてそのあと覚えるべきなのが、道具の調整方法。

やっていくうちに、色んな「トラブル」が生じてきます。

棒が空回りしたり、弾かれたり、回りにくくなったり、上のハンドル部分から煙が出たり。

それぞれのトラブルに対して、どういう対処法が必要になるのかを覚えていきます。

そうしていくうちに、火おこしに適した材の硬さや、どんな形の枝がよいのかなど、段々と次の段階が見えてくるのです。

 

結論!割り箸で火はおこせるのか!?

そんなわけで答えは「否!」。

今の私では、割り箸だけでは、火をおこすのは相当難しいと思われます。

ですので宴会等で同席しても、割り箸で火おこしはちょっとお許し下さい。(笑)

 

2月25日~26日開催のコースは「インストラクター」なんて名前がついていますが、2日間のうちの殆どを、技術探求にあてます。

そして原始の火おこし未経験でも全く問題ありません。

現在 男性2名 女性1名 の方が参加予定です。

まだまだお申し込み受付中です。

※只今申し込みフォームへのリンクが繋がりにくくなっております。どうしてもつながり難い場合は、コンタクトのページより御参加表明のメッセージを下さい。

オンラインでも学べる!原始の火おこし!

上記で述べたような原始の火おこしのノウハウは、月々980円のオンラインスクールでも学べます。

 

自然と思いっきり遊び「マインドフルネス」を養おう! – ブッシュクラフトマニュアル、電子書籍版も好調です!

本当に皆様のお陰です。

ランキングも常に安定しております。

ありがとうございます!

皆様、電子書籍版も出てますので、引き続き宜しくお願い致します。

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/06/24 - 2017/06/25 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/07/01 - 2017/07/02 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/07/15 - 2017/07/17 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/08/02 - 2017/08/03 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/08/26 - 2017/08/27 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

開催予定ワークショップをすべて見てみる

 

ページトップへ戻る↑