e-mail: info@wildandnative.com

Blog

災害後に訪れるライフラインからの「孤立」に備える ~最も「最悪な孤立」を生き延びるには?~ WILD AND NATIVE

災害後によく訪れる「孤立」という状況

電気、ガス、水道。

それらのライフラインが寸断されてしまうという状況が、災害後にはよく起こります。

その状況を「孤立」と例えば呼んでみましょう。

そしてその「孤立」の仕方にも、ある意味「程度」があります。

今日は、あまり考えたくない「最悪な孤立」について一緒に考えてみましょう。

 

最悪な「孤立」の一例

kuraitakibi

災害後、何とか怪我をせずに切り抜け、家も倒壊せず・・・

というような状況でのライフラインからの寸断は、不安ではあるけれども、ある意味「軽度の孤立」と言えます。

それに対し、例えば

野外で一人取り残されてしまった! とか、 何処かに閉じ込められてしまった!

プラス何の装備もなく、着の身着のままの状態。

これはかなり最悪と言えます。

当然備えておいた「非常用持ち出し袋」なんかも自宅にあるし・・・。

そうなった時にはどうすればいいのでしょう。

 

サバイバルな状況における死因No.1は?

sora3

そんな最悪な状況に陥った際に、守らなければならないポイントが幾つかあります。

その中のひとつが「体温の保持」です。

気候が温暖な時期であったりしても、雨が降っていたり、津波で身体が濡れてしまったりすると、体温が低下し、数時間で命を落とす事もあります。

寒くて死ぬ というのが、サバイバルな状況における死因No.1と言われています。

上着もないし、火をおこすにもマッチやライターを持っていない。

仮に火がおきたとしても、燃やす燃料がない。

さて、どうしましょう?

 

そんな時にはこれを探せ!

cohibamochi

フワッとした乾いたもの。

とにかくそのイメージに合うものであれば何でもいいです。

最悪濡れていても無いよりは全然マシです。

落ち葉でも、ゴミでも、新聞紙でも、クッションでも、衣類でも。

とにかくフワッとしたものを集めて、それを衣服の内側に詰め込みます。

出来るだけ沢山詰め込みます。

とにかく体温が「滞留」する層を設けて、熱の放出を少しでも防ぐことです。

保温するもの=衣服、火 などという既成概念は捨てて、とにかく「フワッとした乾いたもの」というイメージを探すのです。

雑誌や本があれば、そのページをちぎって丸める

車のシートを破れば中にはスポンジが入っている

とにかく周りをしっかりと観察すること。

温かく一晩を過ごせるとまではいかずとも、

寒いけど、何とか命を守れる

程度の「保温」が可能になる可能性は充分あります。

 

それも無かったら?

kankakumei

まれにですが、

「一晩中身体を動かして寒さを凌いだ。」

というサバイバル体験があります。(状況によっては歩き回ると危険です。)

仲間の専門家に聞いたところ、身体を動かす事による水分の放出があるので、一晩ギリギリ持つのではないかとの見解でした。

体温の低下では、状況次第ですが、一晩持ちません。

状況によってはこの方法で助かる事もあるでしょう。

是非覚えておきましょう。

 

一分、一秒でも長く!

jack

一秒でも長く生き延びれば、生存する確率は高くなる!

それを信じて、諦めず、行動しましょう。

7月23日、24日開催の講座は、「最悪」な状況を想定し、それに備えるカリキュラムとなっています。

備蓄していた水が無くなってしまった!

マッチやライターが濡れて使えなくなってしまった!

そんな最悪な状況に備えておけば、それが「自信」に繋がり、パニックにならず、落ち着いて行動を取る事が出来ます。

まだ若干名の空きがあります。

【都市災害を生き延びる!(社)CMLE 災害対策アドバイザー資格認定講座】
saknban2

 

6月3日発売のブッシュクラフトマニュアル、皆様引き続き応援宜しくお願い致します。

本日またアマゾンキャンプ部門の1位に返り咲きました!

皆さん、応援本当にありがとうございます!

災害時にも役立つ情報も沢山載ってます!

お得なまとめ買い(5冊買うと1冊無料!)はこちらです。

http://bushcraft.jp/bcbook/

 

近日開催のワークショップ

日程 2017/08/26 - 2017/08/27 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/02 - 2017/09/03 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/09 - 2017/09/10 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/16 - 2017/09/18 : 宿泊プログラム

場所 山梨県 都留市 宝の山ふれあいの里コテージ 

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/09/23 - 2017/09/24 : 宿泊プログラム

場所 熊本県 上益城郡山都町 服掛松キャンプ場

対象次のコースのいずれかを受講された方  

日程 2017/10/28 - 2017/10/29 : 宿泊プログラム

場所 茨城県 常陸大宮市 御前山青少年旅行村

対象次のコースのいずれかを受講された方  

開催予定ワークショップをすべて見てみる

 

 

 

ページトップへ戻る↑